5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

《MMR》な、なんだって???《緊急出動だ!》

1 :M7.74:04/02/04 21:13 ID:ZK0eNuEb
                ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・・・・・・・・・

「俺達は重大な間違いを犯していた!」

ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト

 「やはり、人類の滅亡は免れてはいなかったんだ・・・?」
  「平和な町並みの地の底では、大地震の準備がととのいつつあるようだ!!」

2 :M7.74:04/02/04 21:13 ID:9XWTL2gs

           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ∧_∧   < 落ち着けよカスども
     ( ´_ゝ`)   \________
    /     \
   / /\   / ̄\
 _| ̄ ̄ \ /  ヽ \_
 \ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \__)
  ||\            \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
  ||  ||           ||
 

3 :M7.74:04/02/04 21:13 ID:ZK0eNuEb
前スレ
MMRが物凄い勢いで地震を解明するスレ2 (No.120〜477)
http://news8.2ch.net/test/read.cgi/eq/1064494601/
前々スレ
聖書の暗号(No.19〜430)
http://news8.2ch.net/test/read.cgi/eq/1069787705/

4 :M7.74:04/02/04 22:27 ID:ZK0eNuEb

  それは、ラーメン騒動の余韻さめやらぬ、奇妙な朝だった・・・。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
: :: :: :: :: :: : :: :: :: :: :: : :: :: :: :: :: : :: :: :: :: :: : :: :: :: :: :: : :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: :: ::
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
     _____    ¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨ ◯ ¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨    |:|悪|
      |亡国生命・・ |     ¨¨¨¨¨¨¨¨   ¨¨¨¨¨¨¨¨       |:| ̄|
 ̄――|・・・・・・ |-|厄暴|ニ|    ¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨            |:|_|______
l .ll .!i i    ―┐ .|  | |                       ┌┐-==!|: : : : : :
|.:||.:|| || || ||:||:||.|| ̄||||||||| |:::  ̄|                  iiiiiii_| | .| .!| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
|.:||.:|| || || ||:||:||.||  ||||||||| |::: _ll | ̄| ̄|.|li!¬        ┌―|:| 巨 i---| .!|   _ ______
|.:||.:|| || || ||:||:||.||  ||||||||| |::: _ll |  |  |.|li|!: | l:     !l| |  |:| 巨 | ....| | ̄| ̄|==|  帝凶銀行
|.:||.:|| || || ||:||:||.||  ||||||||| |:::   |  |  |.|l:     :  :    \! 巨 | ....| |  |.= |==|   = = =
|.:||.:|| || || ||:||:||.||  ||||||||| |:::   |__.:l- ̄   :______.._______:     ..|_ :!| |  |.= |==|   = = =
|.:||.:|| || || ||:||:||.||  ||||||||| |_− ̄     :           :    ~'-| |  |  |==|   = = =
|.:||.:|| || || ||:|l:l::.!|_− ̄      ========================         |  |==|
|.:||.:|| || || ll ll '┘       ― ̄。               。―_    `   =============
|.:||.:|| l  ―       ― ̄ 。                    。 ―      ` 、
_―― ̄    _― ̄                             ̄__     ` 、
        - ─_−_- ─_−_─ - ─ - ─_−- ─_−_─ - ─ - ─_−- ─_−_─ - ─ - ─_−


5 :M7.74:04/02/04 22:28 ID:ZK0eNuEb

─────────┐     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
:K:::::談::::社::::::::::::  │ .    |   | /i'i^iヘ、 ,、、   |   ナワヤ、
──────┬──┘      |    !'.__ ' ' ``_,,....、 .|
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|\.. |    (} 'o〉 `''o'ヽ |',`i     キバヤシが玄関を出たよ。
::口::口::口::口::口::口::口:: |   |    |  7   ̄   |i'/      
:                    |       .ヽ `''⊃  , 'v>  駅前に向かっているもよう・・・。
::口::口::口::口::口::口::口:: |   |       \二-‐' //`
:                    |    \_________     __________
::口::口::口::口::口::口::口:: |                   ∨
:                    |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
::口::口::口::口::口::口::口:: |   <          _,,.-‐-..,,_             
:                    |    |       /     `''.v'ν そうか、目をはなすな。  
::口::口::口::口::口::口::口:: |    |      i'   / ̄""''--i 7    
:                    |    | .      !ヘ /‐- 、u.   |'  誰と接触するかを確認するんだ。
::口::口::口::口::口::口::口:: |    |      |'' !゙ i.oニ'ー'〈ュニ!    
:                    |    | .    ,`|         ..ゝ!  あいつは、必ず秘密の情報源と
::口::口::口::口::口::口::口:: |    |  _,,..-<:::::\   (二> /   
:                    |    |  . |、 \:::::\ '' /    接触しているはずだからな・・・。
::口::口::口::口::口::口::口:: |    |   !、\  \. , ̄ 
:                    |     \________________________


6 :M7.74:04/02/04 22:29 ID:ZK0eNuEb

 朝までさんざん議論したあげくが、結局こんなスパイごっこかよ・・・。

         ,. -─v─- 、._     _
      __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
     ≦         ヽ‐'´            `‐、
     ≦         ≦               ヽ
      1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i   ナ ゝ 
      l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │   cト 
        レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
        riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
         !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(.:)`i u  |//ニ !
        ゙! u ヽ '   u  .゙!  7     ̄    | トy'/
          !、  ‐=ニ⊃    /!  `ヽ"    u    ;-‐i´
           ヽ  ‐-   / ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
           ヽ.___,./  //ヽ、 ー    
   
  まあ、誤解が解ければ、それでいいわけで・・・。

7 :M7.74:04/02/04 22:29 ID:ZK0eNuEb
    ___________
  /      [新木場]   _ \
  | .[93S]. ┏━━┓  |S|  |
  |┏━━┓┃┏┓┃┏━━┓| /
  |┃快速┃┃┃┃┃┃    ┃| プアァァァァァァァァン!
  |┃    ┃┃┃┃┃┃    ┃| \
  |┗━━┛┃┗┛┃┗━━┛|
  | ̄ ̄ ̄ ̄┃ ̄ ̄┃ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |        ┃5031┃        |
  | ●○   ┃__┃   ○● |
  | ̄ ̄ ̄ ̄┃    ┃ ̄ ̄ ̄ ̄|
  |_____.二二二._____|
   │     │[=.=]|     │    キバヤシだから、新木場駅方面かよ?
   └─────────────       まあ、どうせ地下の安い
       /        \          マンションに住んでいるはずだが・・・。
      /        \
     /          \
    /             \

8 :M7.74:04/02/04 22:30 ID:ZK0eNuEb

; ; ; _____: : : : : : : : : . . . . . . . . .   どひゃー!!! ものすごい高級マンションじゃんかよ?
\ !; ; ; ; ; ; ; ; ||\. . . . . . . . . . . . . .
 :.\ ; ; ; ; ; ; ;||  \. . . . . . . .                         ll_/
 i  :\゙ ̄|| ̄||\ |, , . . . . .                           lイ-i/
\ .:  | ̄!! ̄!!\\|, , , , . . . .                           .i||-i/:/:/:/
 i.\  |: : ii: : || ..:\|, , , , , , , . . . . .  .  .  .                .i||-i/:/:/
 l  :\| ̄|| ̄||\/|; ; , , ___ , , ,____. . . . . . . .          . . ..i||-i
\ .i  | ̄!! ̄!!\\|\,,//: : : |___|\|      |\..... . . . . . . . . . . . . . . . . , ,,l||-l
 i.\  |i : ii: : || ..:\|  :\,, : : |___|  \ (⌒))゙ |  .|; ; , . . . . . . . . . . . . , , ; ; ;l||-|
 l  :\| ̄|| ̄||\/|:\:\;.\...|___|   |∠==_ |  .|; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ; ;l||-|/i/:/:/
\ .i  | ̄!! ̄!!\\|;\;\;\;|,|____|   |_____.|  .|;; ;; ;; ; ; ; ; ;; ;; ;; ;; ;;ii ̄ ̄l||-l/i/i/
 i.\  |l i iii i || ..:\|\;\;\i|..|,,,,,|\  |;;;;:::::::::|\|;; ;; ;; ; ; ; ; ;; ;; ;; ;;; ;||    l||-l   :
 l  i\| ̄|| ̄||\/|;\;\;\l|..|;,,,,|\\.|iii|\、| |;;; ;;; ;;; ;; ;; ;; ;; ;; ;;; ;;;||__|||-|   :
\ .l  | ̄!! ̄!!\\|;\;\;\l|..|;,,,,|\\|iiil|  \..|;;; ;;; ;;; ;; ;; ;; ;;; ;;; ;;; ;;;;l ;;; ; |||-|  : :
 l.\  |l l iii i || ..i\|\;\i\l|..|;;,,,|\\|iiil| |\. \; ;;; ;;; ;;; ;; ;; ;;; ;;; ;;/|,-─|||-|/i/:/:/
 l  i\| ̄|| ̄||\/|;\i\l\l|:.|;;,,,|\\|iill| |..:: |\|; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;; ;;;|: i | ;;: . |||-l/l/i/
\ .l  | ̄!! ̄!!\\|;\l\l\l|::|;;;,,|\\|iill| |.::; |.:..||;;; ;;; ;|iiiiiiiiiiiiiiiiiii| |/| ;;; : |||-l   :
 l.\  |l l iil i || ..i\|\l\l\l|::|;;;,,|\\|iill| |::;; |.::;||lllllllllllllllllllllll| |: i |,-─|||-|  : :
 l  l\| ̄|| ̄||\/|i\l\l\l|::|;;;;;|\\|illl| |:;;; |:;;;||lllllllllllllllllllllll| |/| ;;; ; |||-|  : : :
\... l  | ̄!! ̄!!\\|l\l\l\l|;;|;;;;;|\\|illl| |;;;; |;;;;||lllllllllllllllllllllll| |i l | ;;; ; |||-|/l/i/i/
 l.\  |l l iil i || ..i            \|llll       llllllllllllllllll| |/|,-─|||-l/l/l/
 l  l\| ̄|| ̄||゙  / ̄ ̄ ̄/|. ̄|||\ __,,.∠ ̄ ̄/~ト,  .,.,--──--、、| ;;; ; |||-l  : : :
___....|___q_∠___p_/_|____||_|__i'ノOo-oOソ ̄l~,、! l.<______>l . ;; ; |||-| : : ::
       (()0)=ロ=(0()).-,.-、.l ー|,-、 j⊂口ニ⊃/.l-''~゙' .{iiiヽ,__=_,/iii} . \|||-| : : : ::
       ⊂ニ口ニニ⊃リ_/  l|ニニ_i l|_) ``´  ``´ / [___口___]  \-|/l/l/
        ヽゝ_ノ ̄~ヽゝ__ノ,,,ヽゝ_ノ'''       /   ;;!_.!;;;;;;;;;;;;;;;;;゚;!_.!    \

9 :M7.74:04/02/04 22:30 ID:ZK0eNuEb

 あっ、キバヤシさん! おはようございます。
   今日もどうどうの、朝帰りですね?
                     __ _  __ __
                  _,.:'´:::::::::`´::::::::::`:-.、
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::. :. :`,
                  /:::::: ::::::::::, '::::::::::::ヽ ::ヽ ::::!
                   / :: ,' ::::::/ ::;:: :::::ヽ:ヽ  :. ::l
                  l  .: ! :::l..:i::;/|:.  ..l!:::|';:::::::::::::!,
               |.  l  l:::l|リ| ';::. .:::|l:!l! !;|';:::::::::',
                 |:  l.  |;!リ--、!;:::::;!リ-‐'´l::::::::::::!
              |::. .: .l: ..:::| -tッィ‐ ヾソ.rャイフ|:::::,::::::l,
              !:::::::i:| ::::::l   ̄   i  ̄  l:::::i:::::::!',
                 l::::::::!:l.:::::::|       '     !::::l::::::::!:',
              |:::::::::!|:::::::::lヽ,  ヾ ̄ノ  ,イ|: :l::i::::::l:::',
                l:::::::::::l::; :::::i::::l\  `~. /l:!|:::::l::l:::,:::::::',
             |:::::::::::!::| :: i:l:|,l  ` ー‐ '´  !_!: : !.|::::!:::::::ヽ
                l:::::::::::l::::!  l::!:l`-、_    / |.  l !::::l:::::::::ヽ
             |:::_,.-'|::::l.:. ..l:::':|   `ーt'´  l.: ::::|、丶、::::::ヽ
           _,.- '´:.:.:.:!::::|.::.::l|:::::l  /,!i`l\, |:::.:::::l.:|:ヽ.:.`゙ー、!
        ,.、.':´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l::::::l:::::::l';::::|、 l´ ,ノ| |、. `l:::::::::|.:.:l:.ヽ:.:.:.:.:`:,
         /.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:,:.:.:|::;:::;|:::::::!l::::l、 `'´ |l !|`´ !::::::::l.:.:.ヽ:ヽ:.:.:.:.!:.l
      /.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:i:.:.:l::i::::!|:;:::::l.l:::| ヽ  || ゙il.  |::::::::|.:.:.:.:.l:.:.!:.:.:,!:.:l
      ,'.:.;.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:!:.:.:!|:::l.:リ';::::| !:l   \|  ヽ、/l:::::::|.:.:./:.:.:|:.´:.:.:.!
      !.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.l:.;:.:.l::;!.:.:.ヾ::l.:リi   l|\_ ,.!|ヾ::::l.:.:.\:.:.:.:l:.:.',:.:.l
     |.:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:,':.l:.:.:リ.:./.|リ.:.:.:l    !|  `゙i!| ヾ/|:.:.:.:.ヽ,:.:.!:.:.',:.:!
     !:.:l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヽi:.:l:.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.',   || o |`l| ` l.:.:.:.:.:.:l.:.:.l.;.:.',:l
      |.:.!.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.l:.;'.:.:.:.:.:.:.:.ヽ:.:.:.:.:.:.!  ll  |ll   |.:.:.:.:.:|.:.:.:|.ヽ:.|
                 隣室の住人、七瀬ミツル

10 :M7.74:04/02/04 22:31 ID:ZK0eNuEb

       ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ. 
    N│ ヽ. `                 ヽ  ハハハ、雑誌記者なんてこんなものさ。
   N.ヽ.ヽ、            ,        }
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   原稿をもらうのが仕事・・・。
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ    他にはなんの能もない人間だから、
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr     食事も睡眠もなく、働きづめさ・・・。
       l   `___,.、     u ./
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト, 
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _


11 :M7.74:04/02/05 00:43 ID:BvM6GO2T

 彼女、ほんとにいないんですか? こんどわたしを食事に誘ってくださいよ。

            i;;;i::::::::::/:::/::,:::,'::::::::::::,'::,':::::::::::::::i:::::i::::i:i:::::::::}:}i:::::::::::::}:::}:}::::::}i:i
            !;;;';:::/{:::,'::::i:::i:i:::::::::::i!:i!::::::::::::::i!::::i!:,'!!i::::::::i:i i:::::::::::::i::::i,'::::,'i ii
            i::';;;';/::::::i::i:::::i:::i:i:::::::::::i.',!i,,,、、、、/、/iノノ'--;;;;;;;";;;;;-、、i::::ノ::,:'ノiノ
               i::::ヾヽ:::::::',',::::',',',゙、,,彡'''''""゙゙゙゙゙゙  ´        ゙゙''ヽ',,'ノ:::|
             i:::::::::ヾヽー-゙ヽ,゙ー''"  __......__       ,,、、、--、、   i、::::::::::!
           i:::::::::::::::ヾ>ー-/    '',,、===、       ''゙゙゙゙゙``ヽ' h.',::::::::::!
          ,':::::::::::::::::::{ r'゙'>、   ゙'''゙         i        ,' ノ;:::::::::i
          ,':::::::::::::::::::::iヽ { ),                 ',       ,',::':::!:::::::::::!
         ,'::::::::::::::::::::i:i::::ヽ, ヽ=、            〉       ,'i:::::::i::::::::::::i

 そうだな、ヒマがあればね・・・。
   ところで土曜日にどこへでかけるんだ? デートにしては、制服じゃおかしいし。

.ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'       ヽ:::::::/         ゝ‐;----// ヾ.、
       [          }二          |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l         リ ̄ヽ         |l:::::::::::!ニ! !⌒ //
.         i        ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ':::::::::::::::::ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄  :::::::::::::::::i/‐'/
          i:::::::::::::      .:::ト、  ̄ ´     ::::::::∪::::::l、_/::|
          !::::::::::::                :::::::::::::::::::::|:::::::::::|
             ヽ:::::::::::   --───--   :::::::::::::::::: !::::::::::::ト、

12 :M7.74:04/02/05 00:43 ID:BvM6GO2T

 それが、ある大手の出版社から、将来の就職を含めたアルバイトの依頼があったんです。
  先輩たちも、アルバイトでのはたらき具合をみて、内定をもらっていたらしくて。
   わたしも受験に失敗したら、この会社でこのままアルバイト生活にはいるかも・・・。
                     __ _  __ __
                  _,.:'´:::::::::`´::::::::::`:-.、
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::. :. :`,
                  /:::::: ::::::::::, '::::::::::::ヽ ::ヽ ::::!
                   / :: ,' ::::::/ ::;:: :::::ヽ:ヽ  :. ::l
                  l  .: ! :::l..:i::;/|:.  ..l!:::|';:::::::::::::!,
               |.  l  l:::l|リ| ';::. .:::|l:!l! !;|';:::::::::',
                 |:  l.  |;!リ--、!;:::::;!リ-‐'´l::::::::::::!
              |::. .: .l: ..:::| -tッィ‐ ヾソ.rャイフ|:::::,::::::l,
              !:::::::i:| ::::::l   ̄   i  ̄  l:::::i:::::::!',
                 l::::::::!:l.:::::::|       '     !::::l::::::::!:',
              |:::::::::!|:::::::::lヽ,  ヾ ̄ノ  ,イ|: :l::i::::::l:::',
                l:::::::::::l::; :::::i::::l\  `~. /l:!|:::::l::l:::,:::::::',
             |:::::::::::!::| :: i:l:|,l  ` ー‐ '´  !_!: : !.|::::!:::::::ヽ
                l:::::::::::l::::!  l::!:l`-、_    / |.  l !::::l:::::::::ヽ
             |:::_,.-'|::::l.:. ..l:::':|   `ーt'´  l.: ::::|、丶、::::::ヽ
           _,.- '´:.:.:.:!::::|.::.::l|:::::l  /,!i`l\, |:::.:::::l.:|:ヽ.:.`゙ー、!
        ,.、.':´:.:.:.:.:.:.:.:.:.:l::::::l:::::::l';::::|、 l´ ,ノ| |、. `l:::::::::|.:.:l:.ヽ:.:.:.:.:`:,
         /.:.:`ヽ:.:.:.:.:.:,:.:.:|::;:::;|:::::::!l::::l、 `'´ |l !|`´ !::::::::l.:.:.ヽ:ヽ:.:.:.:.!:.l
      /.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.:.:i:.:.:l::i::::!|:;:::::l.l:::| ヽ  || ゙il.  |::::::::|.:.:.:.:.l:.:.!:.:.:,!:.:l
      ,'.:.;.:.:.:.:.:.:.:!.:.:.:.:!:.:.:!|:::l.:リ';::::| !:l   \|  ヽ、/l:::::::|.:.:./:.:.:|:.´:.:.:.!
      !.:.i:.:.:.:.:.:.:.:.',:.:.:.l:.;:.:.l::;!.:.:.ヾ::l.:リi   l|\_ ,.!|ヾ::::l.:.:.\:.:.:.:l:.:.',:.:.l

13 :M7.74:04/02/05 00:44 ID:BvM6GO2T

 ほう・・・?
  まあ、就職難の時代だからね。うまくやらないと。で、なんていう会社だい?
   
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/

 それが・・・。女性にはあまり人気ないんですけど。
  ほら、あの低脳・ワイ説な少年雑誌で有名なK談社ですよ。
   そこの新規プロジェクトで優秀な人材が必要とかで、今日面接にいくんです・・・。

            i;;;i::::::::::/:::/::,:::,'::::::::::::,'::,':::::::::::::::i:::::i::::i:i:::::::::}:}i:::::::::::::}:::}:}::::::}i:i
            !;;;';:::/{:::,'::::i:::i:i:::::::::::i!:i!::::::::::::::i!::::i!:,'!!i::::::::i:i i:::::::::::::i::::i,'::::,'i ii
            i::';;;';/::::::i::i:::::i:::i:i:::::::::::i.',!i,,,、、、、/、/iノノ'--;;;;;;;";;;;;-、、i::::ノ::,:'ノiノ
               i::::ヾヽ:::::::',',::::',',',゙、,,彡'''''""゙゙゙゙゙゙  ´        ゙゙''ヽ',,'ノ:::|
             i:::::::::ヾヽー-゙ヽ,゙ー''"  __......__       ,,、、、--、、   i、::::::::::!
           i:::::::::::::::ヾ>ー-/    '',,、===、       ''゙゙゙゙゙``ヽ' h.',::::::::::!
          ,':::::::::::::::::::{ r'゙'>、   ゙'''゙         i        ,' ノ;:::::::::i
          ,':::::::::::::::::::::iヽ { ),                 ',       ,',::':::!:::::::::::!
         ,'::::::::::::::::::::i:i::::ヽ, ヽ=、            〉       ,'i:::::::i::::::::::::i

14 :M7.74:04/02/05 00:45 ID:BvM6GO2T

 ( なんてこったい! どうすりゃそんな偏見がもてるんだよ・・・ )

.ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'       ヽ:::::::/         ゝ‐;----// ヾ.、
       [          }二          |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l         リ ̄ヽ         |l:::::::::::!ニ! !⌒ //
.         i        ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ':::::::::::::::::ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄  :::::::::::::::::i/‐'/
          i:::::::::::::      .:::ト、  ̄ ´     ::::::::∪::::::l、_/::|
          !::::::::::::                :::::::::::::::::::::|:::::::::::|
             ヽ:::::::::::   --───--   :::::::::::::::::: !::::::::::::ト、

 そ、そう・・・なのか。 まあ、上手くいくといいね。
  仕事の大変さや、おもしろさを今から覚えるのは、すごくいいことだし。

15 :M7.74:04/02/05 00:45 ID:BvM6GO2T

  ぎゅーんんっーーー!!!
                 _,,.. - ─ ─- 、 .. _tニ二__
               ,.‐'´'''ー- ..... _  _,,,.-―''''\ ̄}`i
             ,. ‐'´         //   |、    \| |
           _∠__           //    i、 _,,,.-''''" |
    _,,,.-―''''"¨   ̄¨ー-、_       //  _,,,.-''''"  , へ了 
  <''",.‐'´            >ー-... _//,.-'''"     γ  }/
  |`''ー-儿    _,,,. - ―''''"   ,.‐ '´ |     _,,,.-ー''{  ノ  ≡≡≡
く\|ミ |= `''ー、,      _,,,.-''''"    .|_,,,. -''''"  .‐'´`'  ≡≡≡ ≡≡≡
 \`ヽ|ミ、 /  `''ー-、ー,´  イ.'´`'' 、,.‐' |    . ‐'´ ≡≡≡ ≡≡≡ ≡
 〉 ` ..、 `''ー-、, |  /  ,.'´    }     ,.‐'´ ≡≡≡ ≡≡≡ ≡≡≡
 \   `'ー 、    ̄   /      j  ,.‐'´  ≡≡≡ ≡≡≡ ≡≡
   \ `''ー、,`''ー-、,   /     ム.‐'´  ≡≡≡ ≡≡≡ ≡≡≡
    `''ー、, `''ー-、,   入   _,イ      ≡≡≡ ≡≡≡ ≡≡≡ ≡≡≡ ≡≡
 ≡≡≡ ≡  `' ー、, _,,.イ.. `''''''¨ ズッジ!!  ≡ ≡≡≡ ≡≡≡  ≡≡≡
 ≡≡≡ ≡≡≡ ≡≡            ≡≡  ≡≡≡ ≡≡≡
         ≡≡≡ ≡≡  ≡≡≡  ≡≡≡
             ≡≡  ≡≡≡  ≡≡

16 :M7.74:04/02/05 00:46 ID:BvM6GO2T

            _,....-―――-、
       __,..:-‐'"          `::、
     ( ̄ ゙  ´    _,.......      ,i
     \ __,.:r<二:-――-/ヲハ i
       l>ー-、_。-.、__    ヾテ彡‐"
       .i゙ヘニトf" ,r≧、_ ̄`゙ー-l
       .ト、〈.トハ  ̄ヽ__゚ゝ、.  ヽ.    ./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ハ_/' ヽ  ー-'",. `ト:t-、_ゝ  /    おじょうサマ、お迎えにまいりました。
      ,/ /  ! ,r-‐〃_ l"     |  
     ハ、 ヽ、  / ;ー-->ァ'   _ノ    父上さまはこの件に反対されていますが、
__,..r‐/   ヽ-、ヾ:、  ゙ ̄"/      ̄ヽ  
    ヽ、     \.>、__ ,_/          \  お母上がOKをだされましたので・・・。
     \     / ̄ーiT<__            \________________
       ゙ヽ.__/   .!l   `゙ー
                  l  .: ! :::l..:i::;/|:.  ..l!:::|';:::::::::::::!,
               |.  l  l:::l|リ| ';::. .:::|l:!l! !;|';:::::::::',  そう、ありがとうジイヤ。
                 |:  l.  |;!リ--、!;:::::;!リ-‐'´l::::::::::::!
              |::. .: .l: ..:::| -tッィ‐ ヾソ.rャイフ|:::::,::::::l,    迷惑かけてごめんね!
              !:::::::i:| ::::::l   ̄   i  ̄  l:::::i:::::::!',
                 l::::::::!:l.:::::::|       '     !::::l::::::::!:',
              |:::::::::!|:::::::::lヽ,  ヾ ̄ノ  ,イ|: :l::i::::::l:::',
                l:::::::::::l::; :::::i::::l\  `~. /l:!|:::::l::l:::,:::::::',
             |:::::::::::!::| :: i:l:|,l  ` ー‐ '´  !_!: : !.|::::!:::::::ヽ

17 :M7.74:04/02/05 01:03 ID:iOHmny0g
どっちか削除依頼出します。

18 :M7.74:04/02/05 04:32 ID:ML2uspHR
こっちは置いといてくらはい

19 :M7.74:04/02/05 13:53 ID:ROVGN+B2
>>1
マジスカ?

20 :M7.74:04/02/05 23:52 ID:okJUW5Rv

             ううう・・・。 断然あやしい連中ばかりじゃないか???
              安月給のキバヤシが、何故か超高級マンションに住んでいて、
             朝は必ず美少女・女子校生との意味不明の会話が日課のようだし。
              そしてあの怪しげな黒塗りの車から出てきた男・・・は、
             秘密諜報員と素性が知れている!!!
            \_________   ________________/
                       ∨
         ,. -─v─- 、._     _
      __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
     ≦         ヽ‐'´            `‐、
     ≦         ≦               ヽ
      1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i   ナ ゝ 
      l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │   cト 
        レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
        riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
         !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(.:)`i u  |//ニ !
        ゙! u ヽ '   u  .゙!  7     ̄    | トy'/
          !、  ‐=ニ⊃    /!  `ヽ"    u    ;-‐i´
           ヽ  ‐-   / ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
           ヽ.___,./  //ヽ、 ー        
         ∧
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 タナカ、そりゃ普通にいって、ただの嫉妬ってやつだぜ?
  オレは邪推しても仕方がないと思うがな・・・。

21 :M7.74:04/02/05 23:53 ID:okJUW5Rv

                     _________
  "''- ,,.  . '-,,_ |  .|'-,, |\  i:;li:li:;|::講:::::談::::社:: |
     |. : .     "   |//.| |  \| ;li;li:| ._________ |         /::::::::::::
 .゙ / / |    |"''- , .   "-,| | |'-; .|\ :;| .___|____|____| |TTTTTTTTT./::::::::::::::
 -,,,_  |    | // | . .   . |_~'' .|  \ ゙._______ | ̄ ̄ ̄ ̄~ /:::::::::::::
,,,_   "'-'.  ゙ | // |  |'-,,. |`-,,\| | || | .___|____|____| | [三三三 /:::::::::::/
  ̄"''- ,,_   '-- ,,_|  |  | |;;;;; ;;;i | | || | ._________ |      /::::::::/  _
    :::| "''-- ,,,__   "-'. |; ;;;;;;;i | | || | .___|____|____| | [三三 /::::/  _-'''
    :::|  |"'''-- ,,, ゙̄''- ,,,__|;;; ;;;;;i | | || | ._________ |     <::/ ,-" || ixX
    :::|  |     i'| |「 |- ,,_~''- _ ,, . || | .___|____|____| | [三三 |-'ii: : ::::|| ixX
    :::|  | ゙// .i:| || 」 i|.|~"''';; iニ==;i   ______ .┌┐   :|       | |i  : :|| ixX
    :::|  |     i:| |::::  i|.|  || | ii |  ||| └┘   :| [三三 | |i   || ixX
    :::|  |. ,-―-,---、゙:: i|. ,、,、::| ii |┌┴┴┴┐_________|  ,---、!゙::|i:::=ニ|| ixX
 ̄|| ̄\,-―'ー―;ー'---、 (・・ ) ; ; ; _|:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::io==oi.| |i   || ixX
  ii ̄ ̄~ ̄`) ,- 、_;,_,-,、)( y )~ "~__---:::::::::::::::::::::::::::::/ ̄i ''  ̄'':::ヽ|i   || ixX
  ii_,,,,-ー(( ):::`ー'::::::::::::_`'-- :UU '"::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.  i   .   \ .i| ixX
. ̄::::::::::::::::::::    ''' ̄:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/   i  ..  .   \ ::xX
 お嬢さま、あの建物のようですが・・・。
                      ええ、なんとか面接時間には間に合ったわ・・・。


22 :M7.74:04/02/05 23:53 ID:okJUW5Rv

.         ., --ー-―─‐-、_、
        .〃             \    ほお・・・、あなたが七瀬ミツルさん? 
       |    //  ノ       ヽ
       .|  ノ ノ /  ,..ィ从    |   いや、よく来ていただきました。
       |、__,-- _. _彡'ノリ__,.ゝ、  |   
      `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ   あなたのお父様は、東西鉄道の社長で、
.       |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄☆ ノ レ リ   
       ヾl.`ー- べl;; ` ー-‐'  ,ン   この東京の「地下鉄公団」の元総裁
        |   l,-、      / 
         l   /r─‐-、ヽ   /|    だった方とお聞きして、驚いておりますよ。
          ト、  `二¨´  ,.イ |   
        _亅::ヽ、    ./ i :ト、   
     -‐''「 F ヽ::  `:ー '´  ,.' フ >ー、
       ヽ   ` `ゝ=< _´.. ‐''´ / \、     
       ヽ  /l;';';';';';';\    /
       ヽ/ ミゝ、;';';_/, \_/   

23 :M7.74:04/02/05 23:54 ID:okJUW5Rv

                              へえー、
                     __ _  __ __   そんなことまで筒抜けなんですか?
                  _,.:'´:::::::::`´::::::::::`:-.、 
                 /::::::::::::::::::::::::::::::::::. :. :`,  雑誌社って油断ならないわね。
                  /:::::: ::::::::::, '::::::::::::ヽ ::ヽ ::::! 
                   / :: ,' ::::::/ ::;:: :::::ヽ:ヽ  :. ::l    でもわたし、父の事業の
                  l  .: ! :::l..:i::;/|:.  ..l!:::|';:::::::::::::!,
               |.  l  l:::l|リ| ';::. .:::|l:!l! !;|';:::::::::',    ことは何も知らなくて。
                 |:  l.  |;!リ--、!;:::::;!リ-‐'´l::::::::::::!
              |::. .: .l: ..:::| -tッィ‐ ヾソ.rャイフ|:::::,::::::l,   ふつうのアルバイトとして
              !:::::::i:| ::::::l   ̄   i  ̄  l:::::i:::::::!',
                 l::::::::!:l.:::::::|       '     !::::l::::::::!:',   雇っていただければ
              |:::::::::!|:::::::::lヽ,  ヾ ̄ノ  ,イ|: :l::i::::::l:::',
                l:::::::::::l::; :::::i::::l\  `~. /l:!|:::::l::l:::,:::::::',  それでいいんですが。
             |:::::::::::!::| :: i:l:|,l  ` ー‐ '´  !_!: : !.|::::!:::::::ヽ
                l:::::::::::l::::!  l::!:l`-、_    / |.  l !::::l:::::::::ヽ

24 :M7.74:04/02/05 23:55 ID:okJUW5Rv

 ああ。そりゃ、もちろん。 あなたの先輩たちと同じように働いてもらうつもりですよ。
.         ., --ー-―─‐-、_、
        .〃             \    ところで、あなたに手伝ってもらう雑誌の
       |    //  ノ       ヽ
       .|  ノ ノ /  ,..ィ从    |   「月刊・宇宙同盟軍」では、都市伝説
       |、__,-- _. _彡'ノリ__,.ゝ、  |   
      `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ   を扱うコーナーがあるんですよ。
.       |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ   
       ヾl.`ー- べl;; ` ー-‐'u ,ン  次号では、「東京地下要塞」
        |   l,-、 u     / 
         l   /r─‐-、ヽ   /|    の特集を組んでいるんだがね・・・。 
          ト、  `二¨´  ,.イ |   
        _亅::ヽ、    ./ i :ト、   まあ、東京の地下には、さまざまな
     -‐''「 F ヽ::  `:ー '´  ,.' フ >ー、
       ヽ   ` `ゝ=< _´.. ‐''´ / \、 軍事施設などがあってだね・・・。

 まあ、日本の鉄道事業を背負っておられる、七瀬一族のお嬢さんなら
  少しはご存じではないですかな・・・、ハハハ。
 どう? そんなウワサ、聞いたことはないのかな???
                            さあ? ぜんぜん・・・。
            i::';;;';/::::::i::i:::::i:::i:i:::::::::::i.',!i,,,、、、、/、/iノノ'--;;;;;;;";;;;;-、、i::::ノ::,:'ノiノ
               i::::ヾヽ:::::::',',::::',',',゙、,,彡'''''""゙゙゙゙゙゙  ´        ゙゙''ヽ',,'ノ:::|
             i:::::::::ヾヽー-゙ヽ,゙ー''"  __......__       ,,、、、--、、   i、::::::::::!
           i:::::::::::::::ヾ>ー-/    '',,、===、       ''゙゙゙゙゙``ヽ' h.',::::::::::!
          ,':::::::::::::::::::{ r'゙'>、   ゙'''゙         i        ,' ノ;:::::::::i
          ,':::::::::::::::::::::iヽ { ),                 ',       ,',::':::!:::::::::::!
         ,'::::::::::::::::::::i:i::::ヽ, ヽ=、            〉       ,'i:::::::i::::::::::::i

25 :M7.74:04/02/05 23:55 ID:okJUW5Rv

 帝都東京は、戦前戦中どころか戦後さえも、首都防衛のために地下都市建設が進められ、
  兵員や戦車・物資を輸送し、保管するためのさまざまな施設が造られつづけてきた。
 東京駅周辺の地下は全面的に核シェルター化しているといってもいいぐらいだ。
  しかしあまりにもモグラの巣のように掘り進めた結果、東京全土は老朽化した設備の対策に追われる
   羽目に陥ってしまった。
 大江戸線は、そうした過去の遺物を再建するための口実として開通した、利益無視の路線だった。
 しかし、悲しいかなそれでも関東大震災に耐えられない地盤が、現在の高層ビル群を支えているのが実情だ。
                       __
                         /ヘ~ヘ    もし関東大震災がくれば、
                           |FF|ニ|     地面はいたるところで陥没し、
                 | ̄ |\    .|FF|ニ|      老朽化した地下要塞、
                 | 畷 |?|    |FF|ニ|      帝都東京の真実のすがたが
                 | 畷 |幵|    |FF|ニ|      あばかれてしまうでしょうな。
       l ̄i\__ .| 畷 |幵| ::::/二ニ,ハ
       |三lミ|三三| | 畷 |幵|;;::::::|EEE|日|      関東大震災が地獄になるのは
       |三|ミl三三| | 畷 |幵|;;;:::::|EEE|日|;;;:::::::   そのすがたを見た人々は
       |三lミ|三三| | 畷 |;;;;::::::::: |EEE|日|;;;:::::     国家百年の大計により
       ::|三|ミl三三|;;;;;;;::: |::::::::::::: |EEE|;;;;;;;;::::::::::   この地上から抹殺されること
       ::::::|三lミl三三|;;;;;::::::::::::::;;;;;;;:::::::::::::;;;:::::::::   にあるといってもいい・・・。
;::::::::::;:::::::::::::::::::::::::|;;;;;;;;;;;::::::::::::;;;;::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
━━┳━━━━┳━━━━┳━━━━┳━━━━┳━━━━┳━━━━┳━━━━┳━━━━
━━┻━┳┳━┻━━ 営団線 ━━┻━┳┳━┻━━━━┻━━━━┻━┳┳━┻━━━━┻
    ┃┃             ┃┃             ┃┃
    ┃┃             ┃┃   兵器格納倉庫    ┃┃
    ┃┃ 要人専用大深度     ┃┃             ┃┃
    ┃┃    核シェルター   ┃┃    歩兵待機宿舎   ┃┃
━━┳━┻┻━┳━━━━┳━━━━┳━┻┻━┳━━━━┳━━━━┳━┻┻━┳━━━━┳
━━┻━━━━┻━━━━┻━ 大江戸線 ━━┻━━━━┻━━━━┻━━━━┻━━━━

26 :M7.74:04/02/06 01:43 ID:5nEwjjRp

    _,:--┸--ミ-===┴─┴────┴─===┸─-、     この国の政治家、官僚、経済界のVIP。
   l"─/ ̄/l ─゙l=__=========== __ヽ  ̄──
 ┌|| ̄|l ̄l| ´_ゝ`)|.「||‖| | ̄| | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| 「| |‖|.|┐──   そうした連中は、自分の命の安全
  ロ||___.|l_l|.l|___|| iヨ|‖| |_| |_|_|_|_|_|_| iヨ |‖| |.ロ  ̄ ̄ ̄
.  |  |  |.|  |. .|‖|───────────.|‖| | ──     だけを考えている・・・。
.  |四..|゙,-、|l 四 |. .|‖|三三三三三三三三三三三.|‖| | ───
    | ̄{l<コ|二二|フ王呂五 ̄|]|]町lニll二l ̄ ̄王呂五ハ]  ̄ ̄      国防力の多くが、彼らの保身のために
aa  ̄ ̄v≡≡v─v──v' ̄ ̄ ̄v≡≡v─v──v' ̄aaaaaaa
aaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaa    使われているのに、国民はあざむかれ
     _        | ̄|--| ̄~| ̄| ̄ ̄ヽ
    ()) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |  | 「」 |             たまま、税金を払いつづけるだけだ。
     ~ ̄ ̄ ̄区二二二|  |   |    |
           ___|___|=|_____|______|___|__   ___   けっして自分たちが豊かになる
     ____/_==__/_/----/ ̄|    ヽ~^-) ) )=
    /____7____----~---__/ ̄ ̄/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ          ことはない・・・。
    ヽ===/________V≡≡|~)~~(()~~(()~~(()~(~)
     ヽ==\_______V===7|√ |√|√|√|√|/        土地も財産も一代限りのもの、すべては
      ヽ===√λλλλλV===/ λ λλλλ/
                             国家が没収し、子孫はまた貧乏人からやり直しだ。


27 :M7.74:04/02/06 01:44 ID:5nEwjjRp

 しかしわたしが一番知りたいのは、関東大地震が突如都心をおそった場合、
  陸地も空も安全面では二重丸をつけられる場所ではないことだ。
 何百人もの政府要人を、一度に長時間安全に待避させるには、
  いったんは海上にお連れして、軍艦や潜水艦に収容するのがベスト・・・。

.      \  ., --ー-―─‐-、_、    /  /  /
  \     .〃             \ /わたしはね、この脱出ルート、
     \ |    //  ノ       ヽ/ /
       .|\ ノ ノ /  ,..ィ从  / |  すなわち、極秘トンネルの地図
    \  |、__,-- _. _彡'ノリ__,.ゝ、  |   
………………`ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ …… をどうしても入手したい・・・。
.……………… |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ………
…………………ヾl.`ー- べl;; ` ー-‐'  ,ン…… ふふふふふ・・・。
………………/…|   l,-、   \  /……………
         l   /r─‐-、ヽ   /|  \ そう、君がいるんだよ、君が!!
   /  /   ト、  `二¨´  ,.イ |   
        _亅::ヽ、    ./ i :ト、\  思い出したまえ同志!。 君の暗号名は
   / -‐''「 F ヽ::  `:ー '´  ,.' フ >ー、   \
       ヽ   ` `ゝ=< _´.. ‐''´ / \、 「メソポタミアの女王」だ!!!
    /  ヽ  /l;';';';';';';\    /
       ヽ/ ミゝ、;';';_/, \_/、  さあ、「主の君近づきて、み使いは語る」のだ!!!

28 :M7.74:04/02/06 01:44 ID:5nEwjjRp

            はい、わたしは主に使える「メソポタミアの女王」・・・。
              主の命にしたがい、帝都メトロの図面を書き写してお持ちしました・・・。

            i;;;i::::::::::/:::/::,:::,'::::::::::::,'::,':::::::::::::::i:::::i::::i:i:::::::::}:}i:::::::::::::}:::}:}::::::}i:i
            !;;;';:::/{:::,'::::i:::i:i:::::::::::i!:i!::::::::::::::i!::::i!:,'!!i::::::::i:i i:::::::::::::i::::i,'::::,'i ii
…………………………… i::';;;';/::::::i::i:::::i:::i:i:::::::::::i.',!i,,,、、、、/、/iノノ'--;;;;;;;";;;;;-、、i::::ノ::,:'ノiノ…………
…… … … … … … … i::::ヾヽ:::::::',',::::',',',゙、,,彡'''''""゙゙゙゙゙゙……´*…………………゙゙''ヽ',,'ノ:::|…………
…………… … … … …i:::::::::ヾヽー-゙ヽ,゙ー''"……__......__…………………,,、、、--、、 … i、::::::::::!………
………………………… i:::::::::::::::ヾ>ー-/…… …'',,、〓〓=、…………………''゙〓〓=ヽ'…h.',::::::::::!…………
…………………………,':::::::::::::::::::{ r'゙'>、 … ゙'''゙………………………i……………………,'…ノ;:::::::::i……
          ,':::::::::::::::::::::iヽ { ),                 ',       ,',::':::!:::::::::::!
         ,'::::::::::::::::::::i:i::::ヽ, ヽ=、            〉       ,'i:::::::i::::::::::::i
         ,' ::::::::::::::::::::i:i::::::::;;''ー-、、           ______'___     ,:';i::::::::i:::::::::::::',
.         ,:': :::::::::::::::::,':,'::::::::::;;;;;;;|;;;;;h、      ヽ,::.:.: )'     ,ィ;;;;i:::::::::!:::::::::::::',
        ,:':: ..::::: .:: .: ,':,':::::::::::::;;;;;i;;;;;i;;|: :ヽ、      ゙'''゙     /;;i;;;;;i:::::::::i:::::::::::: :',
.        ,:': .::  .: .::,':,':::::::::::::::::;;;i;;;;i;;;;i: : : : ''-,,         ,,-'i;;;;;;;;i;;;;;i::::::: :i:: ::::.. ゙、
     ,,:': .:  .: .:::,.',.':::::::::::::::::::;,';;;,';;r(i: : : : : : : ''-、,. .、-': |ヽi;;;;;;;;i;;;;;i:::::::: i::    :':,
    /': ..:: ..::: :::::,.',.'::::::::::::::::::::::,'://. . ヽ,: : : : : : : : : ̄: : : : yi;;;;;;;;;;';;;;;';:::::::: i, ..  :.. ::ヽ

29 :M7.74:04/02/06 01:45 ID:5nEwjjRp

  ふふふ・・・。
 なるほどこれが、戦中に作られた脱出図面か? やはり十文字方向に逃走する予定だな。
  海上ルートはいったん六本木方向に進路をとり、
   それから羽田方面に向けて東京湾へ脱出するのか。
 トンネルが落盤した用心にそなえて、各ルートごとに小型シェルターも六基用意されている。
  ふふふ・・・、江戸川ルートも面白い。津波から小型船舶を待避させる手段にもなる。

‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘【最極秘】‘
‘「一九四四年 大日本帝国 帝都地下避難系図」‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘
‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘
‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘◎ 先住‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘
‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘┃‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘
‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘〓‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘
‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘┃‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘
‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘┃‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘
‘‘‘‘‘‘‘‘中野 ◎━━〓━━━━━〓╋━━━━━━〓━━◎ 江戸川
‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘┃‘‘‘‘‘‘┃‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘
‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘┃‘‘‘‘‘皇‘居‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘
‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘┃‘‘‘‘‘‘┃‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘
‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘┗━〓━┳━━┛‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘
‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘┃‘‘‘‘‘‘‘┌─────────
‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘┗━━━━〓━━◎ 東京湾
‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘│
‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘│
‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘‘

30 :M7.74:04/02/06 01:45 ID:5nEwjjRp


 .      \  ., --ー-―─‐-、_、    /  /  /
  \     .〃             \ / これだ、これなら次号「宇宙同盟軍」
     \ |    //  ノ       ヽ/ /
       .|\ ノ ノ /  ,..ィ从  / |    の看板記事にもってこいだ。
    \  |、__,-- _. _彡'ノリ__,.ゝ、  |   
………………`ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ ………… 爆発的なセールス間違い無しだ!
.……………… |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ………………………
…………………ヾl.`ー- べl;; ` ー-‐'  ,ン………… 同志!「メソポタミアの女王」よ。
………………/…|   l,-、   \  /………………………
         l   /r─‐-、ヽ   /|  \   君のスパイ活動は今後とも
   /  /   ト、  `二¨´  ,.イ |   
        _亅::ヽ、    ./ i :ト、\   重要なものになるだろう。
   / -‐''「 F ヽ::  `:ー '´  ,.' フ >ー、   \
       ヽ   ` `ゝ=< _´.. ‐''´ / \、  わっはっはっはっはっ・・・。
    /  ヽ  /l;';';';';';';\    /
       ヽ/ ミゝ、;';';_/, \_/、  さあ、「主の君は、ふたたび闇のなかに降りられた」のだ。


31 :M7.74:04/02/06 01:49 ID:5nEwjjRp

  _人人人人人人人人人人人人人人_
ーー> 七瀬くん!  七瀬くん! <ーーー
   Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

  あっ! すいません・・・。
   わたし何故かきゅうに眠たくなってしまって・・・。
     あの、お話はちゃんとお聞きしていたと思うんですが・・・。

            i;;;i::::::::::/:::/::,:::,'::::::::::::,'::,':::::::::::::::i:::::i::::i:i:::::::::}:}i:::::::::::::}:::}:}::::::}i:i
            !;;;';:::/{:::,'::::i:::i:i:::::::::::i!:i!::::::::::::::i!::::i!:,'!!i::::::::i:i i:::::::::::::i::::i,'::::,'i ii
            i::';;;';/::::::i::i:::::i:::i:i:::::::::::i.',!i,,,、、、、/、/iノノ'--;;;;;;;";;;;;-、、i::::ノ::,:'ノiノ
               i::::ヾヽ:::::::',',::::',',',゙、,,彡'''''""゙゙゙゙゙゙  ´      ∪ ゙゙''ヽ',,'ノ:::|
             i:::::::::ヾヽー-゙ヽ,゙ー''"  __......__       ,,、、、--、、   i、::::::::::!
           i:::::::::::::::ヾ>ー-/ ∪  '',,、===、       ''゙゙゙゙゙``ヽ' h.',::::::::::!
          ,':::::::::::::::::::{ r'゙'>、   ゙'''゙         i        ,' ノ;:::::::::i
          ,':::::::::::::::::::::iヽ { ),                 ',       ,',::':::!:::::::::::!
         ,'::::::::::::::::::::i:i::::ヽ, ヽ=、            〉       ,'i:::::::i::::::::::::i
         ,' ::::::::::::::::::::i:i::::::::;;''ー-、、           ______'___     ,:';i::::::::i:::::::::::::',
.         ,:': :::::::::::::::::,':,'::::::::::;;;;;;;|;;;;;h、      ヽ,::.:.: )'     ,ィ;;;;i:::::::::!:::::::::::::',
        ,:':: ..::::: .:: .: ,':,':::::::::::::;;;;;i;;;;;i;;|: :ヽ、      ゙'''゙     /;;i;;;;;i:::::::::i:::::::::::: :',
.        ,:': .::  .: .::,':,':::::::::::::::::;;;i;;;;i;;;;i: : : : ''-,,         ,,-'i;;;;;;;;i;;;;;i::::::: :i:: ::::.. ゙、
     ,,:': .:  .: .:::,.',.':::::::::::::::::::;,';;;,';;r(i: : : : : : : ''-、,. .、-': |ヽi;;;;;;;;i;;;;;i:::::::: i::    :':,
    /': ..:: ..::: :::::,.',.'::::::::::::::::::::::,'://. . ヽ,: : : : : : : : : ̄: : : : yi;;;;;;;;;;';;;;;';:::::::: i, ..  :.. ::ヽ
  /': ..:: ..:: ..::: :::::,.',.'::::::::::::::::::,'://. . . . ヽ,: : : : : : : : ̄: : : : : : yi;;;;;;;;;;';;;;;';:::::::::: i, ..  :.. ::ヽ

   _人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
ーー> 面接は終了したよ。 来週から働いてくれたまえ  <ーーー
    ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄


32 :M7.74:04/02/06 20:31 ID:KvXEQZvd
今回、あんまり面白くない。・・・・ネタ切れ?

33 :M7.74:04/02/06 20:32 ID:ZMHF/+s+

@@@@@@@@@@@@@@@@‖@@@@@@@@@\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\@@
                ‖         \小会議室(666)\
@@@@@@@@@@@@@@@@‖@@@@@@@@@\_________\@@@@@
            ,. -─- 、._、‖         
@@@@@@@  ,. ‐'´      `‐、 @@@@@┏━━━━━━━━━━┓@@@@@
       /           ヽ、_/)ノ.  ┃ //    /  ┃
@@@@@ /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ. @@┃//    /   ┃@@@@
      i.    / u        ̄l 7    ┃     /  //┃
@@@@@ ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/. @@@┗━━━━━━━━━━┛@@@@
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l         
@@@@@ !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` / @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@    
      /`゙i u       ´    ヽ  !      ◎ ◎ ◎ ◎ ◎
@@@ _/:::::::!             ,,..ゝ! @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@    
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /   @@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@      
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /     
 .! \     `‐、.    `ー;--'´   ううう・・・。スケベ心おこしてのぞいたばっかりに、
  ヽ \     \   /       何かとんでもないものを見みちまったぞ!      
                     いったいどうしたらいいんだ・・・。
              と、とにかくキバヤシに連絡しよう。 あ、あれ? 携帯が・・・? 

34 :M7.74:04/02/06 20:33 ID:ZMHF/+s+

  ギイーッ!!

  ははは、ナワヤ。 お前がのぞいて    .         ., --ー-―─‐-、_、
   いたのは知っていたぞ。               .〃             \
                             |    //  ノ       ヽ
                             .|  ノ ノ /  ,..ィ从    |
  せっかく七瀬くんとも知り合いに           |、__,-- _. _彡'ノリ__,.ゝ、  |
    なれるところだったのに             `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ
     残念だな。            .       |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄☆ ノ レ リ
                             ヾl.`ー- べl;; ` ー-‐'  ,ン
  この会社はすでにわれわれの組織で            |   l,-、      /
   運営されている、無駄な抵抗はするな。         l   /r─‐-、ヽ   /|
                                ト、  `二¨´  ,.イ | 
  同志になれば、                     _亅::ヽ、    ./ i :ト、 
    すぐに副編集長にとりたててやるぞ。      -‐''「 F ヽ::  `:ー '´  ,.' フ >ー、
                             ヽ   ` `ゝ=< _´.. ‐''´ / \、    
                             ヽ  /l;';';';';';';\    /
                             ヽ/ ミゝ、;';';_/, \_/
            ,. -─- 、._ 
            ,. ‐'´      `‐、
       /           ヽ、_/)ノ  そ、そうだったのか!?
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ    じゃ、無駄な抵抗はしません。
      i.    / u        ̄l 7   
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/    なんなりとご命令ください。
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l         オレはいつまでも、キバヤシの下で働くのイヤなんで、
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /      あいつの秘密ならなんでもバラしちゃいます。
      /`゙i u       ´    ヽ  !  
    _/:::::::!             ,,..ゝ!     そうだ、ニセ遺言書の件と、黒又山の少女たちの一件も
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /      お話しますよ・・・。
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /      
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /  
 .! \     `‐、.    `ー;--'´        


35 :M7.74:04/02/06 20:33 ID:ZMHF/+s+

.         ., --ー-―─‐-、_、   なんだと!! あの関東大震災の記事はデタラメだと!?
        .〃             \
       |    //  ノ       ヽ  くそうっ! キバヤシのヤツめ、オレをなめやがって。
       .|  ノ ノ /  ,..ィ从    |   
       |、__,-- _. _彡'ノリ__,.ゝ、  |   このままでは、わが組織が壊滅する・・・。
      `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ   
.       |fjl/ ` ̄リj^ヾ)  ̄´/ノ レ リ ・・・こうなれば、6月6日に地下帝国にコマンドを送り、
       ヾl.`ー- べl;; ` ー-‐'  ,ン
        |   l,-、   ∪  /  米軍から提供されている核弾頭を爆破させるしかあるまい。
         l   /r─‐-、ヽ   /|   
          ト、  `二¨´  ,.イ |   数十発の核弾頭をいっせいに処理すれば、断層はねじれ、
        _亅::ヽ、    ./ i :ト、   
     -‐''「 F ヽ::  `:ー '´  ,.' フ >ー、  関東大震災を引き起こす巨大なエネルギーになるだろう。
       ヽ   ` `ゝ=< _´.. ‐''´ / \、
       ヽ  /l;';';';';';';\    /     政府は核爆発が先だとは、口が裂けても言えまい。
       ヽ/ ミゝ、;';';_/, \_/
                   ふふふ、キバヤシのせいで面白いことになってきたぞ・・・。

36 :M7.74:04/02/06 20:34 ID:ZMHF/+s+

            ,. -─- 、._
            ,. ‐'´      `‐、  ( ・・・6月6日っていやあ、2004年は秘数の6、
       /           ヽ、_/)ノ
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ  だからつまり、6・6・6の暗号・・・か。
      i.    /          ̄l 7 
      ,!ヘ. / ‐- 、._  u     |/  キバヤシのヤツ、こんな日を垢シックレコードで
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l       
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /   見てきたと、ウソを書き連ねたのか・・・。
      /`゙i         ´    ヽ  !   
    _/:::::::!  u          ,,..ゝ!    それのしても、核を数十発も破裂させたら、
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  /     
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /   地核変動で日本の陸地そのものが、消失するんじゃないのか?
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /   
 .! \     `‐、.    `ー;--'´   ヤベエ。 オレはとんでもない組織に入ったもんだぜ・・・ )

37 :M7.74:04/02/06 20:34 ID:ZMHF/+s+

∃ ___ ___
∃P 旧PP 新P                      __________
∃P 約PP 約P                      》 天災バカBonP
∃P 聖PP 聖P                     ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Q
∃P 書PP 書P        _,.. -─   ─-、 しァ      ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Q
∃P ♂PP ♀P /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄Q
∃∃∃∃∃∃∃∃,l_/           l l  / /!   ヽ∃∃∃∃∃∃∃∃∃∃∃∃∃∃∃∃
         |l         /lハ//  V| !   ハ  
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl !   
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |     さあて、
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!     10年ぶりに聖書でも読んでみるか。
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/  
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|-=_rッァ `}',.}   かっこつけて、ヨハネ黙示録がどうの
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ     こうのと言ってはみたものの、
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./      ほとんど記憶の彼方だ・・・。
            \!     ヾ_,.      /‐'  
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、    どうなることやら・・・。
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._  
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._   
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー-
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ  UCC   ./ /i  l
ァ‐/ /         \_ノ!  ̄ ̄ ̄ ̄   l / l  ',
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉

38 :M7.74:04/02/06 20:35 ID:ZMHF/+s+

  それにしても、オレにある組織から手紙が届いたのは、
   もう一年も前のことだった・・・。
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃                                    ┃
 ┃    MMRキバヤシ 殿        2003/01/01     ┃
 ┃                 差出人 ゴモラ王第一の家臣      ┃
 ┃                                    ┃
 ┃    謹啓。                             ┃
 ┃    見知らぬ者からの勝手なお願いをこの書面にしたためました。    ┃
 ┃    われわれは、かつて「ソドム・ゴモラ」の町に住んでいた者の    ┃
 ┃   子孫です。 神罰により町が破壊されてから、われわれの祖先は    ┃
 ┃   長旅からもどり、一族の死をその目に焼き付け、天を呪いました。   ┃
 ┃    憎むべきは、モーゼの神でした。先祖はモーゼの民を追い求め    ┃
 ┃   て、何時しかこの土地にたどり着いたのです。            ┃
 ┃    もちろん復讐のためです。先祖はわれわれ子孫に、モーゼの民    ┃
 ┃   を苦しめ破滅させ、その愚かな神をあざ笑へと遺言してきました。   ┃

ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐' //    ヽ:::::::/ /       ゝ‐;----// ヾ.、
       [  //      }二 /   //   |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l /     / リ ̄ヽ    /   /|l:::::::::::!ニ! !⌒ //
.         i     // ソ;;:..  ヽ、._/    _,ノ':::::::::::::::::ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄  :::::::::::::::::i/‐'/
          i:::::::::::::      .:::ト、  ̄ ´     ::::::::∪::::::l、_/::|
          !::::::::::::                :::::::::::::::::::::|:::::::::::|
             ヽ:::::::::::   --───--   :::::::::::::::::: !::::::::::::ト、

  まあ、面食らったぜ、この時ばかりは・・・。

39 :M7.74:04/02/06 20:36 ID:ZMHF/+s+

 ┃    この日本で起きている、様々な国家犯罪にはわれわれの組織が    ┃
 ┃   からんでいるのです。 しかし、もう限界です。われわれは十分    ┃
 ┃   過ぎるほどこの国の民を傷つけました。 先祖の決意した復讐は    ┃
 ┃   もう終わりにしたいのです。 もう止めるべきなのです。       ┃
 ┃                                    ┃
 ┃    しかし盟友のソドム王は聞き入れませんでした。 彼と彼らの    ┃
 ┃   組織は、世紀末審判をこの日本に下すのだとゆずりませんでした。   ┃
 ┃    このソドムの王とはあのたの良く知る人物、イガラシ編集長そ    ┃
 ┃   の人です。 われわれの願いとは、彼のこの野望をあなたに打ち    ┃
 ┃   砕いてもらうことなのです。 彼らの情報はすべてあなたに流し    ┃
 ┃   ましょう。 そして金銭的なバックアップもいたします。       ┃

  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、

 オレは彼らからもたらせた様々な情報を分析し、正しいと判断してから、
  この申し出を受け入れたんだ。
 目的はただひとつ、陰謀を防ぎ、この日本を破滅の路から救うためだ・・・。

40 :M7.74:04/02/07 16:45 ID:8qNRK9Ai
ツマラン カエレ!!

41 :M7.74:04/02/07 16:48 ID:nZdJPGg/
いや、俺は面白いと思うが

42 :M7.74:04/02/07 16:51 ID:7om2UPRt
オークションで1万円単位で取引されている情報を公開
http://www.ii-park.net/~bbm/

43 :M7.74:04/02/08 22:57 ID:zWgtPsJY
むっここし

44 :M7.74:04/02/08 23:02 ID:zWgtPsJY

            i;;;i::::::::::/:::/::,:::,'::::::::::::,'::,':::::::::::::::i:::::i::::i:i:::::::::}:}i:::::::::::::}:::}:}::::::}i:i
            !;;;';:::/{:::,'::::i:::i:i:::::::::::i!:i!::::::::::::::i!::::i!:,'!!i::::::::i:i i:::::::::::::i::::i,'::::,'i ii
            i::';;;';/::::::i::i:::::i:::i:i:::::::::::i.',!i,,,、、、、/、/iノノ'--;;;;;;;";;;;;-、、i::::ノ::,:'ノiノ
               i::::ヾヽ:::::::',',::::',',',゙、,,彡'''''""゙゙゙゙゙゙  ´      ∪ ゙゙''ヽ',,'ノ:::|
             i:::::::::ヾヽー-゙ヽ,゙ー''"  __......__       ,,、、、--、、   i、::::::::::!
           i:::::::::::::::ヾ>ー-/ ∪  '',,、===、       ''゙゙゙゙゙``ヽ' h.',::::::::::!
          ,':::::::::::::::::::{ r'゙'>、   ゙'''゙         i        ,' ノ;:::::::::i            今夜が山田
          ,':::::::::::::::::::::iヽ { ),                 ',       ,',::':::!:::::::::::!
         ,'::::::::::::::::::::i:i::::ヽ, ヽ=、            〉       ,'i:::::::i::::::::::::i
         ,' ::::::::::::::::::::i:i::::::::;;''ー-、、           ______'___     ,:';i::::::::i:::::::::::::',
.         ,:': :::::::::::::::::,':,'::::::::::;;;;;;;|;;;;;h、      ヽ,::.:.: )'     ,ィ;;;;i:::::::::!:::::::::::::',
        ,:':: ..::::: .:: .: ,':,':::::::::::::;;;;;i;;;;;i;;|: :ヽ、      ゙'''゙     /;;i;;;;;i:::::::::i:::::::::::: :',
.        ,:': .::  .: .::,':,':::::::::::::::::;;;i;;;;i;;;;i: : : : ''-,,         ,,-'i;;;;;;;;i;;;;;i::::::: :i:: ::::.. ゙、
     ,,:': .:  .: .:::,.',.':::::::::::::::::::;,';;;,';;r(i: : : : : : : ''-、,. .、-': |ヽi;;;;;;;;i;;;;;i:::::::: i::    :':,
    /': ..:: ..::: :::::,.',.'::::::::::::::::::::::,'://. . ヽ,: : : : : : : : : ̄: : : : yi;;;;;;;;;;';;;;;';:::::::: i, ..  :.. ::ヽ
  /': ..:: ..:: ..::: :::::,.',.'::::::::::::::::::,'://. . . . ヽ,: : : : : : : : ̄: : : : : : yi;;;;;;;;;;';;;;;';:::::::::: i, ..  :.. ::ヽ



45 :M7.74:04/02/09 16:30 ID:MHWjCffy

 さて、ヨハネ予言に入る前に、
  もう一つわが日本国が発行している、公然の暗号を紐解いておこう。
 それは言うまでもなく、元号だ。 「明治」、「大正」、「昭和」、「平成」・・・。

 .ト│|、                                |
. {、l 、ト! \            /     ,ヘ                 |
  i. ゙、 iヽ          /  /  / ヽ            │
.  lヽミ ゝ`‐、_   __,. ‐´  /  ,.イ   \ ヽ            |
  `‐、ヽ.ゝ、_    _,,.. ‐'´  //l , ‐'´, ‐'`‐、\        |
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、
            ヽ     、__,,..             /:;;:   .!; \
             ヽ      :::::::::::           /:::;;::  /   l

 時間を区切り、それを支配するものこそが国家最高の権威。
  武力支配から脱落したものの、天皇の権威は、武家社会においても、
   呪術をあやつる、見えざる世界での最高権威でありつづけてきた。


46 :M7.74:04/02/09 16:32 ID:MHWjCffy

 元号こそは、祝詞奏上(のりとそうじょう)と同義。 言霊呪法、てんこもりのはずだ・・・。
  「明治」は「めいじ」であり、人はつねに「めぇ・いぃ・じぃ」と唱和している。
 母音こそは最も強い意味をもつから、これだけを抜き出すと、「え・い・い」となる。
  国家の祝詞であるから、この「え・い・い」は「栄・威」の暗号としか思えない。

 つまり、「明治」の意味は、
  「国威を高め、国際社会での栄誉ある地位を築かん」の宣言文と言っていいだろう。

     ,ィ, (fー--─‐- 、、
.    ,イ/〃        ヾ= 、
   N {                \  「明治」をふつうに読めば
  ト.l ヽ               l
 、ゝ丶         ,..ィ从    |   「明ける=あける=開ける」から、
  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |   
   `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ   「開きて治める」という、
.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ    
    ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン     自治開国の意味をもった言霊でもある。
      l     r─‐-、   /:|   
       ト、  `二¨´  ,.イ |   われわれは、この二つの言霊を
     _亅::ヽ、    ./ i :ト、   
  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、  同時に利用しているんだ。
    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l

 同じく、「大正」は「たぁ・いぃ・しょぉ・うぅ」で、
 「あ・い・お・う」であるから、母音上の言霊は「愛・皇」となり、
  「天子たるスメラミコトの神性をめでよ」の祈祷文であることが分かる。
 しかし、「大正」年代は短く、大正帝は短命の「哀王」となられたのである。
  言霊呪法が反転したのだろう、
   あきらかに敵勢力からの呪詛返しが行われ、敗北した好例だろうな。

47 :M7.74:04/02/09 16:33 ID:MHWjCffy

 次に、「昭和」だ。 「しょうわ」は「しょぉうぅわぁ」で、「お・う・あ」となる。
  母音上の言霊を「皇・亜(亜細亜)」と理解すれば、
   「われ、大東亜の盟主とならん」の誓願文以外のなにものでもない!

  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/

 太平洋戦争への道筋は、元号「昭和」本来の言霊呪法によって動作していたのさ。
  大東亜共栄圏も、八紘一宇の思想も、すべては元号を「昭和」と発したその時に、
   動き出した自動実行プログラムの結果にすぎないのさ・・・。

48 :M7.74:04/02/09 16:33 ID:MHWjCffy

 そして最後に「平成」だが、
  これは「へぇいぃせぇいぃ」から、「え・い・え・い」となる。
 母音上の言霊を「栄・永」と理解すれば、
  「永遠にほまれ高き、栄華・栄達の国家たらん」との祝詞となる。
 しかし、この言霊呪法は反転し、「影・映」となって動き出しているようだ。
  「栄」は実質のない鏡の映しのごときものとなり、
   「永」もまた、「影」絵のごとき残像をむすぶものへと転化している。

ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'       ヽ:::::::/         ゝ‐;----// ヾ.、
       [          }二          |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l         リ ̄ヽ         |l:::::::::::!ニ! !⌒ //
.         i        ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ':::::::::::::::::ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄  :::::::::::::::::i/‐'/

 「え・い・え・い」は勝ち鬨ではなく、開戦徴兵の合図でもあるのだろう。
   イラク派兵を決行したいま、憲法9条は停止し、早晩その命脈は途切れることになる。
  改憲即徴兵とはならないだろうが、最終戦争への備えが動き出したのが、平成16年。
   16とは「忌む」であり、凶事出来(きょうじしゅったい)の言霊・・・。

 1947年の5月3日が現行憲法の施行日。
  わが国ではこの5月3日を毎年、憲法記念日としているわけだが、
  「ひと(1)く(9)し(4)な(7)ご(5)み(3)」で
    ついに「秘匿しなゴミ憲法の日」と相成ったわけだ。

49 :M7.74:04/02/09 16:34 ID:MHWjCffy

     _人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人人_
        >  なっ! 何だってーーーーっ!!!    <
       >  どうしてオレたちのいないところで、   <
        >  こんなギャグやってんだよーー!?     <
        ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
        _,,.-‐-..,,_       _,,..--v--..,_
    /     `''.v'ν Σ´        `、_,.-'""`´""ヽ
    i'   / ̄""''--i 7   | ,.イi,i,i,、 、,、 Σ          ヽ
.     !ヘ /‐- 、|||| |||| |'     |ノ-、 ||||| `,_` | /i'i^iヘ、 ,、、   |
    |'' !゙ i.oニ'ー'〈ュニ!     iiヽ~oj.`'<_o.7 !'.|||||| ' ' ``_,,....、 .|
.   ,`| u       ..ゝ!     ‖  .j ||||   (} 'o〉 `''o'ヽ |',`i
_,,..-<:::::\   (二> /      !  _`-っ  / |  7   ̄ || |i'/
. |、 \:::::\ '' /        \ '' /〃.ヽ `''⊃  , 'v>、
 !、\  \. , ̄        γ/| ̄ 〃    \二-‐' //

      ー生き霊スタイルで、友情出演中ー

50 :M7.74:04/02/09 16:35 ID:MHWjCffy

 ( なにが友情出演だよ! まったく!
     ひとりで独占生中継の真っ最中なのに、なんでおまえらが出てくるんだ・・・ )

ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'       ヽ:::::::/         ゝ‐;----// ヾ.、
       [          }二          |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l         リ ̄ヽ         |l:::::::::::!ニ! !⌒ //
.         i        ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ':::::::::::::::::ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄  :::::::::::::::::i/‐'/
          i:::::::::::::      .:::ト、  ̄ ´     ::::::::∪::::::l、_/::|
          !::::::::::::                :::::::::::::::::::::|:::::::::::|
             ヽ:::::::::::   --───--   :::::::::::::::::: !::::::::::::ト、

 いいか、ふざけるなよ、3バカの生き霊ども。
  オレは、ギャグなんかぜーんぜん言ってねーよ。
   2月8日、国軍のイラク領土侵入をもって、戦後は終わった。
 だから、不戦の誓いは、フセインのお陰で、イラなクなったと言いたいだけさ。
  ( ムリして笑うんじゃねーぞ、おめーら )

51 :M7.74:04/02/09 16:36 ID:MHWjCffy

 さて最後に、明治以来の年号をすべて並べて数値化して解明してみよう。
 「明治」は、「め14」で「14」。 いみじくも石屋の暗号か・・・。
 「大正」は、「た14ょう」で「14」。 これもまた、石屋だな。
 「昭和」は、「4ょうわ」で「4」。 4は士と死が相呼応するの暗号だろう。
 「平成」は、「へ1せ1」で「11」。 11とは十字架の人々のことだろう。

        ,.ィ , - 、._
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__     以上から、「14・14・4・11」の組合わせとなる。
     ト/ |' {              `ヽ.
    N│ ヽ. `                 ヽ   読み方はいくとおりもあるだろうが、
   N.ヽ.ヽ、            ,        }
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   簡単によんでしまえば、
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ  \ヽ、   |
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ  「いよ・いよ・士の・ジュウの人」となる。
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr  「14」が2つあるから、「十字架上の死」という
       l   `___,.、       ./
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト    二つの犠牲が前提とされ、それが
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \   「11=十字架の人」が「死」をかけて
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._ 
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _  「士=つかえる」の意味に解せられる。

 あるいは、「14・14・4・11」は「1が4つと4が3つ」であるから、
  人(1)の世(4)は、黄泉(43)となるぞ、の暗号とも理解されるわけだ。


52 :M7.74:04/02/09 20:28 ID:MHWjCffy

 元号を数値化するとすべて「1」と「4」だけとなり、
  わが国の最高権力者が石屋さんであることの、完全な証明になるだろう。
 千円札の裏面のデザイン、富士とサクラの暗号は、ミロク下生の暗号だったが、
  結局、かれらの目的は、救世主降臨の政治状況を作り出すことにあるようだ・・・。

                _,.. -─   ─-、 しァ
          /!/ヽ‐'"         / イ⌒ヽ   富士と逆さ富士はダビデの星、六芒星。
         ,l_/           l l  / /!   ヽ   ここに数値6の暗号がある・・・。
         |l         /lハ//  V| !   ハ
         | l       /  イ    ヽヽ/Vl !  そしてサクラは「39ら」で「3と9」。
         | ハVヽト`ー- ' イ/   ,ィ/!  \ ∧l |
        、ト、 \ ヽー- '  _,..ィ/ // ハ ト、   l!    富士とサクラで、「6・3・9」が得られ、
         \  ヽ_,.メ、<イ_/__,.._-=ニ-ヽ _,/
          ヽi`、|  、‐rッヾ =|二|-=_rッァ `}',.}   「39」を裂いて、「6」を挿入すれば、
           { ヽ!    ̄ シノ! ヽヽ  ̄  //リ
           ヽヽ!`ー--‐'´/|  ` ー--‐ ' /./  「3・6・9」となり、「ミロク」の暗号が
            \!     ヾ_,.      /‐'
           _ィニlヽ    __    ,イiヽ、   隠されていたことが、おのずと分かる仕掛け。
       _,. -‐'"   l | \   `二´   ,r' l !  `ヽ、._
  _,. -‐ '"      l |   \       /   | l      `` ー- 、._   
‐'"      _,. -‐  ̄`ヽrァr--`‐──'‐‐-r ,! !           `` ー-
    _,.ィ´     ヽ、._ ヽ  UCC   ./ /i  l      そして千円と野口英世のもつ意味とは、
ァ‐/ /         \_ノ!  ̄ ̄ ̄ ̄   l / l  ',
 /   {       `ヽ、  }!ヽ!       /V !   ヽ
 !   ヽ      \  Y |  ` r====r'´  |    〉


53 :M7.74:04/02/09 20:29 ID:MHWjCffy

 ||     ||     ||     || 〃/〃 || 〃〃 || |  ガサ、ガサ・・・。
 ||     ||     ||     || 〃/〃 || 〃〃 || |
_||_____||_____||_____||_/___||___/|| |
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  _____                               |\
  || ......::::::::::::::::::||                  | ̄ ̄ ̄ ̄|           .|  \||
  ||    .....::::::::::||  ______          |____|           .|   \
  ||       ....::||   iヽ\/ ̄ ̄|「]    ___________.!     \
  ||       ....::||   |, |二二二二|      |\__________ \     \||
  ||    .....::::::::::||   |, |___LI.|      |. | = || = || = || = |      \
_|| ......::::::::::::::::::||__|, |___LI.|___| .|    ||    ||    ||    |        \
              ヽ|____|    ..\| = || = || = || = |         \||
                           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
       ,. ─- 、,,.___
      ,イ〃          `ヽ,__
.   N. {'             \     ん?? それのしても今日は朝からなにげに、
.  N. {               ヽ    不穏な空気を感じるなあ・・・。
.  N.ヽ`               〉  
  N.ヽ`        ,.ィイ从       /       会社の玄関を出たときから、 
.  ヾミ.___-‐=彡'ノノノ__,ゞミ=-_rく    誰かにつけられていたような気がしてはいたが・・・。
    lrf´ゞ“モ=ヾーf =モチ<}rv^i !  
    ヾト、` ̄,り「弋!  ̄´ノ ソ     いや、いくらなんでもそこまでは・・・。
       !  ̄  ii{_,.   ̄  /r'´      うーん? しかし編集長ならばやりかねんか・・・。
       ,ゝ、  iー-ー、  , ' |\   
  -‐''7´ ドヽ. `ニニ´ ./;;  |  ヾ''ー-
    /   ト、 ` ー-- ´ ,;' ,イ  :|

54 :M7.74:04/02/09 20:29 ID:MHWjCffy

    |┃
    |┃三    ,ィ, (fー--─‐- 、、
    |┃.    ,イ/〃        ヾ= 、
    |┃   N {                \
    |┃  ト.l ヽ               l
 ガラッ.|┃ 、ゝ丶         ,..ィ从    |
    |┃  \`.、_    _,. _彡'ノリ__,.ゝ、  |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃三 `ゞf‐>n;ハ二r^ァnj< y=レヽ    <  おっ? なんだ、お前たちか!!
    |┃.    |fjl、 ` ̄リj^ヾ)  ̄´ ノ レ リ     |  窓に耳寄せて何やってんだ〜ぁ???
    |┃三  ヾl.`ー- べl,- ` ー-‐'  ,ン       Q しかも、オートロック式のこのマンションに許可無く
    |┃      l     r─‐-、   /:|       Q 入りこむとは、言い度胸してるじゃないか
    |┃三     ト、  `二¨´  ,.イ |     \_____________________
    |┃     _亅::ヽ、    ./ i :ト、
    |┃  -‐''「 F′::  `:ー '´  ,.'  フ >ー、
    |┃    ト、ヾ;、..__     , '_,./ /l
    |┃

55 :M7.74:04/02/09 20:30 ID:MHWjCffy

             いえね、キバヤシさん。
              安月給のキバヤシさんが、何故か高級マンションに住んでいるらしい
             ってウワサなもんで、気になって少し立ちよってみただけで・・・。
              ほいじゃ、まだ編集部の仕事もあるし、これで帰りますよ。
             秘密の諜報活動のおじゃまをしてちゃ、いけないでしょうし・・・。
            \_________   ________________/
                       ∨
         ,. -─v─- 、._     _
      __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
     ≦         ヽ‐'´            `‐、
     ≦         ≦               ヽ
      1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i   ナ ゝ 
      l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │   cト 
        レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
        riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
         !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(.:)`i u  |//ニ !
        ゙! u ヽ '   u  .゙!  7     ̄    | トy'/
          !、  ‐=ニ⊃    /!  `ヽ"    u    ;-‐i´
           ヽ  ‐-   / ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
           ヽ.___,./  //ヽ、 ー        
         ∧
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 って言うのはウソで、青春ラーメン食べそこねたもんで、
 ごちになりにきました・・・。
 んで、入れて下さいよキバヤシさん。

56 :M7.74:04/02/09 20:30 ID:MHWjCffy

        ,.ィ , - 、._
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.  なるほど、ナワヤが副編集長になるんだって?
    N│ ヽ. `                 ヽ
   N.ヽ.ヽ、            ,        }  しかも、おまえたちまで、イガラシさんの
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ  \ヽ、   |   秘密結社に入るよう、ナワヤに強要されたって言うのか?
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'  まるでマンガだな。 もちろんマンガではあるがな・・・。
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr
       l   `___,.、       ./   仕方がない、おまえたちにはこれまでに起きたことを
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ    すべて話して聞かせよう。
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._  他言は無用だぞ。 話せば、
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i   君らの命はないものと思ってくれ!
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|   | } _|,.{::  7
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../

57 :M7.74:04/02/09 20:31 ID:MHWjCffy

  オレは彼らと接触するために、このマンションで仮住まいするようになった。
   すると「ゴモラ王第一の家臣」と称する人物から、
    ときどき「秘密の通信」が送られてくるようになったんだ。
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃                                ー1− ┃
 ┃             秘密の通信 その1              ┃
 ┃                                    ┃
 ┃    キバヤシさん、あなたは何故日本が第二次世界大戦に敗北した    ┃
 ┃   のかご存じでしょうか? 教科書もマスコミも、2チャンなどの    ┃
 ┃   地下放送局もすべてデタラメばかりを書き連ねています。       ┃
 ┃                                    ┃
 ┃    日独伊の三国軍事同盟は、当時世界最強の軍事同盟でした。特    ┃
 ┃   にドイツの国力は圧倒的なものであったのです。           ┃
 ┃    第二次世界大戦の結果は、ナチスドイツによる西洋世界の支配    ┃
 ┃   と、天皇を盟主と仰ぐ、東洋世界の完全支配が当初から確約され    ┃
 ┃   ていたのです。                          ┃

ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐' //    ヽ:::::::/ /       ゝ‐;----// ヾ.、
       [  //      }二 /   //   |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l /     / リ ̄ヽ    /   /|l:::::::::::!ニ! !⌒ //
.         i     // ソ;;:..  ヽ、._/    _,ノ':::::::::::::::::ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄  :::::::::::::::::i/‐'/

 ┃    しかし、ヒットラーはその次に起こる出来事を、やがて考え始    ┃
 ┃   めるようになりました。つまり、世界を2分割して支配する日本    ┃
 ┃   とドイツとが、やがて真の世界帝国を実現すべく激突するであろ    ┃
 ┃   時の事をです。                          ┃
 ┃                                    ┃
 ┃    世界最終戦争がやがて起こった時、いかに日本と闘い、勝利す    ┃
 ┃   るか。しかし驚くべき結論として、彼はナチス第三帝国が敗北し、   ┃
 ┃   日本による世界最大の帝国が出現することを、その偉大な霊感に    ┃
 ┃   おいて理解してしまったのです。                  ┃
 ┃                                    ┃

58 :M7.74:04/02/09 20:32 ID:MHWjCffy

  手紙はそこで終わっていたが、何日かしてまた手紙が送られてきた・・・。
 ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
 ┃                                ー2− ┃
 ┃             秘密の通信 その1              ┃
 ┃                                    ┃
 ┃    彼は決意しました。ドイツ敗北を偽装して、日本を破滅に追い    ┃
 ┃   込み、来るべき最終戦争に備えて、ラストバタリオンを温存させ    ┃
 ┃   ておくべきだと。                         ┃
 ┃                                    ┃
 ┃    こうしたヒットラーの裏切りによって、日本は全世界を敵に回    ┃
 ┃   す闘いを強いられ、しかも当時ドイツが開発していた原爆を敵国    ┃
 ┃   アメリカに引き渡して、ユダヤ・ホロコーストを実現させ、神国    ┃
 ┃   日本を敗戦へと導いたのです。                   ┃
 ┃                                    ┃
 ┃    彼は三国軍事同盟の真相は、神による世界計画の一貫である事    ┃
 ┃   を理解していましたが、まさか大日本帝国出現のための捨てゴマ    ┃
 ┃   にされるとは夢にも思ってはいなかったのです。           ┃

  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/

 ┃    すでに世界最終戦争が、まじかに迫っています。          ┃
 ┃    その時、世界最大の脅威ドイツのラストバタリオンが忽然と姿    ┃
 ┃   を現し、ナチス第三帝国を実現すべく日本と激突するでしょう。    ┃
 ┃    なぜならこの日本にも世界最終兵器、ラストバタリオンが存在    ┃
 ┃   しているからです。その力こそヒットラーが最も恐れた究極兵器    ┃
 ┃   であったのです。                         ┃
 ┃                                    ┃

59 :M7.74:04/02/09 21:17 ID:zJHza7Wh
      ____
     /∵∴∵∴\
    /∵∴/∴∵\\
   /∵∴<・>∴∴.<・>|
   |∵∵∵/ ●\∵|
   |∵∵ /三 | 三| |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |∵∵ |\_|_/| | <  うるせー馬鹿!
    \∵ | \__ノ .|/  \____________
   / \|___/\
  │ ∴∵━━○━∴│

60 :M7.74:04/02/10 01:06 ID:ASVka9pD
日独伊三国軍事同盟が最高と言っている割には、イタリアには触れてないな。
まあ、戦わずして何万人も一気に降伏するような国民性だし、仕方ないか。
ついでに言うと、真っ先に降伏したのもイタリアだし。ついでに、戦争初期の
アフリカ進攻でも在アフリカ英軍によってコテンパンにやられたしなぁ。
じゃ、続きドゾー(※要はイタリアの立場が無いと言いたかっただけ)

61 :zzz:04/02/10 08:32 ID:75YU1gT0
川尻 徹の信者ですか。

62 : ◆12at95.4iI :04/02/11 00:42 ID:HWb/tck0
★業務連絡★

このスレッドは、もうじきスレストされます。
http://qb2.2ch.net/test/read.cgi/saku/1054232483/150-152n
↓のスレッドに移動してくださいませ。

☆☆☆新生MMRここに誕生☆☆☆
http://news8.2ch.net/test/read.cgi/eq/1064379430/

63 :M7.74:04/02/11 08:31 ID:adTgRWC3
>>60
イタリアは、頼みもしないのに戦線を拡大する日本とドイツの足枷、じゃまばっかりする余計な事師なのでした。
今思えば、イタリアはスポーツのつもりで参戦したのかもしれない。

64 :停止しました。。。:停止
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

89 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)